ヒロシ接骨院@愛知県知多郡東浦町の骨盤矯正・交通事故治療
HOME>カエル日記

カエル日記

えびせんの里
北海道の友人にお菓子を送ろうと久しぶりに出かけた。この日は土曜日で観光客も多くにぎやっていた。
私の家からは、知多半島道路(高速)で、15~20分で行けるところである。今回は時間もあったので、いろいろと店内を視て回った。入口から左側に、売り場コーナーが並んでいる。1番~33番まで続いていた。
①かりんとう、②みりん小丸、③ごま小花、・・・と、⑦えびうす焼、⑩つぶアーモンド、・・・⑮小花、⑳たこの唐揚げ、・・
21番たまねぎせんべい、25番辛党チップ、27番いか七味、30番えびちらし、33番は、えびみりん揚げ、であった。
各売り場を一つ一つ回っては、味見をすると、かなりの時間がかかる。しかし、客としては、味見をしてその中から、気に入ったものを買い求めるわけである。今回、この体験で何と33種類もある事がわかり感心しました。
33種類を一袋ずつ買ったとすると、単価500円で計算して16,500円になる。先ほどの味見で、これはいけると思う「えびせん」を幾つか買って、北海道へはその場で宅急便にて送った。その場で送る、便利ですね。
さて、家には10種類ほどと、孫たちにいろいろ買って帰った。今日はしっかり買っちゃたかな?。 (H)

写真は、「えぶせんの里」店内風景です。



投稿者 有限会社KPS実践塾 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お化粧変え?
「11月と言うのに毎日暑いね。・・・・と」誰かが挨拶した。ここ2~3日は、一か月前に戻ったような天気であった。町内の国道を南に走っていた時「あれ~・・・」と思う風景が目に入って来た。  すっぽり網を被ったマンション、冬に向かっての衣装替えかなーって。  あまりにも珍しい風景であったので写真を撮りました。
一ヶ月後ぐらいにどんな姿を現すか、今からたのしみである。  今日もいい天気の様だ。(K)


写真は、東浦町森岡地内のマンション   

投稿者 有限会社KPS実践塾 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
南吉の古里
10月1日、午後から、思い立ったら吉日で目的地の「彼岸花」を見に出かけた。車で家を出た時は、直接この矢勝川の堤防まで行くつもりであったが、道案内の看板が目に入った。行き先は交通渋滞を避けた、半田市運動公園の駐車場である。随分と大回りをしたが、ここの大駐車場からシャトルバスが出ていました。大人一人片道100円・妻と二人で乗ったが、意外と人多くて私は座れなかった。到着したところは見慣れた「ごんぎつねの記念館」であった。
「ああ、ここなんだ」・・妻が言った。やはり人が多い、花は終わりかけていたものもあったが、まだ1週間位はいいでしょう。    写真は堤防を赤く染めるヒガンバナです  (K)

   

投稿者 有限会社KPS実践塾 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
祭り
村木神社の祭りは東浦の町内では一番早い「秋まつり」である。この日はいい秋晴れの天気で少し暑いかと思うくらいであった。昨年はいろいろと写真を撮ったが紹介できなかった。今年は昨年以上に子供を中心に人出が多かった。
祭りの前日(9/24)町引きといって、山車が町内を回る。・・・・今年は我が家の前で約10分ほど止まって、若衆が太鼓をたたき笛を吹き、にぎやかにやってくれた。こんなこともあり本番の25日は馬を見に行った。
村木神社を始め、知多半島の北部のこの辺は、秋まつりと言えば、馬と山車と42の厄年男衆の餅なげをすることが一般的である。今年は露店が26件も出ていた。  写真は神馬が挨拶して一回りしているところ  (K)


投稿者 有限会社KPS実践塾 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
演奏会
9月18日(日)大府市勤労文化会館で実施された「大府市民吹奏楽団」の第32回定期演奏会に、妻と孫二人連れ4人でいって来た。アシスタントの原田薫さんFluteご主人がTronboneとご夫婦がメンバーでした。
一部は団員全員が白の衣装、二部では赤に変わって照明にも工夫があった。生演奏会の参加は久しぶりであり、音と光、そして雰囲気、2時間余りの演奏会であったが、改善以外での心の高ぶりを実感した。
特に、2部はポップス調にアレンジした「日本縦断民謡まつり」は、私(日本人の心)には強く印象に残った良い一日でした。 (K)  写真は定期演奏会 2部

投稿者 有限会社KPS実践塾 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
   
3